Jメールで知り合った巨乳人妻とセフレになった体験談

34歳のサラリーマンです。都内の会社に勤務していますが、男ばかりの会社なので若い女の子がほとんどおらず、仕事関係では女性と知り合う機会がありません。

かといってナンパする勇気もないしイケメンでもないので、出会い系で女の子と知り合えればいいなと思ってJメールを始めました。

Jメールの運営会社はテレクラも経営してるという噂を聞いて、老舗だし男女の出会いのノウハウがあるんじゃないかと思って登録しました。

出会い系では人妻が狙い目だという噂は本当だった

出会い系での狙い目は、看護師や保育士のような女ばかりの職業だとよく言われますが、人妻も落としやすいと言われています。

人妻ってセックスの経験が豊富なので、セックスに対するハードルが低いことと、結婚して数年たつとセックスレスになっているケースが多いので、即ハメできる可能性が高いんですよね。

今回出会った人妻は36歳の美香子さん。

結婚して8年目くらいらしいんですが、ダンナとはほとんどエッチしていないそうです。

Jメールでいろいろな条件で検索していて、メッセージを送っていたら、とても好意的な返信をくれたのが美香子さんでした。

LINEを教えてもらったので、日常のこととか趣味のこととかいろいろやりとりするようになって、「一度会ってお話ししたいです」と誘ったら、OKをもらいました。

ただ人妻さんなので昼間しか出かけられないとのことだったので、その日午後から半休をとって会うことにしました。

経験豊富な人妻はエッチまでの話が早い

池袋で待ち合わせて、やってきたのはちょいセレブ系のマダムでした。どことなく高そうなワンピースとハイブランドの小ぶりのバッグ、ゆるめのウエーブの少し茶色のロングヘアで、いかにも有閑マダムといった感じでした。

僕「美香子さんですか?」

美香子「はい。お待たせしちゃったかしら」

僕「いえ、僕も今着いたところです。来てくれてうれしいです」

美香子「あたしも。時間がそんなにないから行きましょうか」

僕「はい」

どこへ行くのかなあと思いながら彼女の後を付いていくとホテル街の方へ向かっていきます。

「あ、オトナが会うってことはするってことなんだ」

と改めて人妻のエロさを思い知らされました。男が誘わなくても女性の方から誘ってくれるなんて、こんな素敵な経験出会い系ならではです。

ちょっとおしゃれ系のホテルを選んで、部屋に入ると彼女のほうからハグしてきます。

美香子「気の合いそうなひとでよかった」

とキスをして舌を絡ませてきます。

ひとしきりキスをして、カラダを撫でまわしあい、僕のモノがビンビンになって彼女の腰に当たったところで、

美香子「シャワー浴びましょうか」

と二人でシャワーに。

裸のままシャワーから出てきてベッドになだれ込みます。

彼女が上になってベロチュウして、たっぷりした巨乳を押し付けながら僕のカラダを舐めまわし始めます。

唇、首筋、乳首、おへそと、どんどん下がっていって、もうギンギンになったチンコの裏筋をペロペロ。

美香子「ふふっ。もうこんなになっちゃってる」

彼女はうれしそうに笑うと、パクっと僕のモノを加え、おいしそうにしゃぶり始めます。フェラも上手いし、かなり舐めるのが好きだと思われます。

フェラしてもらったのでお返しにクンニをしました。

かなり剛毛なのでかき分けるようにしてクリトリス中心に舌でレロレロ。

美香子「んんっ。もういっちゃいそう。。入れてぇ」

というので遠慮なくズブっと挿入して、スコスコとピストンすると、中が絡みついてくるような気持ちよさで、おまけにすっごい狭いんです。

あまりの気持ちよさに一発目はすぐ発射しちゃいました。

気持ちよくて放心していると彼女が僕に寄り添って手コキを始めます。

美香子「すっごくよかったよ、コレ」

と言いながら手コキで勃起させた後、さらにフェラチオしてきます。

美香子「ねえ、大きくなってるよ。今度は後ろからしてぇ」

というのでおねだり通りバックでパコパコ。

二発目なのでかなり長持ちして、ゴンゴンついていると、

美香子「あああっ、すっごいぃ。いっちゃううううう」

と絶叫し始めたので、一緒にイカせてもらいました。

その後、平日の夕方に会ってホテルに直行したり、土曜日の真昼間から会ってセックスする関係になりました。まあいわゆるセフレですね。

おたがいに彼氏と彼女ではないので、やってみたいプレイとか、ちょっと変態的な体位とかを会うたびに試しているので、全然飽きないですね。

こういう関係は出会い系でなければ難しいかもしれませんね。まだやったことのない人は、試してみると新しい世界が広がるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました