Jメールで出会った女性は熟女30歳の割切り女性でした

出会い系サイトは10年以上利用し続け、複数の優良サイトをしています。

その中でも今回、Jメールを利用して、一人の割切り女性と出会った話をさせて頂きます。

彼女は人妻でした

Jメールを利用して、熟女女性と出会います。

プロフィールには、特に写真もなく、「日中お会いできる方を希望」がタイトルコメントにあるだけです。

ただし、こういったタイトル内容であったり、写真を載せていない女性の方が、サクラや、業者ではない可能性も高く、私は一応彼女とやり取りを続けていきます。

やり取りをしながら判ったのが、彼女について30歳熟女まで理解していましたが、どうも人妻の専業主婦とのこともその後判明。

大概人妻が出会い系などに登録する際は、割切りな関係を求める女性が多いので、この女性に対し腰をおろして、しばらくやり取りをしていく事にします。

おそらく2週間ほどだったと思いますが、突っ込んだ話しも出来るようになってきたので、私はここらへんで誘うことにしました。

想定通り彼女からは合意を得て、その後直接彼女と出会うことが出来ます。

彼女とは、喫茶店からそのままホテルで関係を結びます

出会った時期はそろそろ冬めいた時期に差し掛かるころで、周りを歩く人のほとんどは、厚手のジャンパーなど目がつく季節となります。

彼女は予定通りに現れました。

第一印象は、女優で言うと蒼井そらのような綺麗な女性で、熟女と言えどまだ30歳ですから、20代中盤で通用するレベルです。

最初彼女へ、アルコールは大丈夫かどうか確認しましたが、どうもお酒は厳しいらしく、近所の喫茶店に変更します。

私的にいうと、正直アルコールが入ると、その後ホテルへの誘導が楽なため、今回は少々がっかりです。

喫茶店では、多少緊張感を持ちつつ、彼女とは少し気ごちない感じで会話がスタート。

話していくうちにさらに判ったのが、どうも子供もいるみたいで空いている時間は専業主婦によくある平日昼間とのこと。

その後はメールでやりとりした世間話が主になりましたが、これだと拉致が空かないと考えた私は、思い切って聞きました。

「不倫になりますけど、大丈夫ですか?」

彼女は、黙って頷きます。

出会い系に登録する人妻は、まず間違いなく割切りを希望しています。

お酒が無ければ、この辺は明確に早めに聞いた方が得策だといつも私は考えています。

その後、彼女へこの後時間があるかどうか確認した後、一時間ほどならということだったのでラブホテルに向かいます。

彼女のセックスは意外に、激しく腰を振り続けます。

夫との関係を聞くことはしませんでしたが、いつものセックスに対する不満で激しくなるのでしょう。

彼女は見た目とは全く違う暴れようで、私のペニスをつかい、短時間の中で2回いくことが出来ました。

その後彼女からは時間が取れそうな日程を私に連絡し、私との時間が合えば、2時間ほどラブホテルで楽しむようにしています。

完全に恋愛感の無い割切りな付き合いです。

タイトルとURLをコピーしました