Jメールは地方に強く最近はよく使うようになりました

私は転勤が多く、何度も地方への単身がありましたが、そんな時によく利用しているのがJメールです。

Jメールは女性へメールを送ると、他サイトと比較しても返信率が高く、割切りな女性と出会える優良なで会い系サイトと言えるでょう。

今回は、そんな出会い体験をお話させていただきます。

地方転勤の際はよく利用しています

私は複数の出会い系サイトを利用していますが、地方で利用する際はJメールを使うことが増えてきました。

2年前の話しですが、早速好みの女性を検索してメールを送ります。

すると、ものの5分ほどして女性からの返信がありました。

彼女は28歳の看護師で、飲み友募集の女性です。

約1週間ほど、淡々と世間並みの会話を続けながら、直接出会うことが出来ました。

待ち合わせ当日、季節はまだ暑い8月の猛暑日でした。

現れた女性は結構可愛い女性で、一番の感想はかなりの巨乳ということです。

薄い白のTシャツから黒のブラが透けており、彼女が歩くたびに、ブルンブルンと揺れ動く様は、いきなり興奮してしまいました。

一緒に近所の居酒屋へ入ります。

時期も時期でしたので、かなりビールも進みます。

色々と看護師の苦労話を聞きながら、その後アルコールも回り始め、かなり砕けたエロ話も盛り上がってきます。

彼女は最近、彼氏と別れたそうです。

そういったこともあり、最近休日が暇となり、誰か一緒に楽しく飲める男性を探していたとのことです。

因みに彼と別れた理由でが、どうも前彼氏はセックスが淡白で、それでもって早くていってしまう男性で、あまり刺激も感じなかったと彼女は言っていました。

すんなり誘いに乗ってきて、その日のうちにセックスが出来ました

準備が整ったことを確信した私は、彼女をホテルへ誘い、そして彼女はすんなり合意。

その後会計を済ませ、ホテルへ向かいます。

彼女の話しからして、セックスに刺激を求めているところがありましたので、ホテルエレベーターに乗り、私からキスを始めます。

彼女は待ってましたとばかり、激しいディープキスで舌を突っ込んできます。

部屋に入ると、彼女の衣服を脱がせてあげ、そのままベットの上に連れていきます。

想定以上の巨乳です。

乳首の面積もそれほど広くなく、かわいいピンク色に私は酔いしれ、我武者羅にしゃぶり始めました。

彼女からは、いきなり厭らしい声が漏れ始めます。

そしてパンティの股脇から、彼女のクリトリスを舐め繰り始めます。

「あーん、いやー、まだお風呂にも入ってないのに―」。

私はお構いなく舐め続け、グッショリ濡れたマンコを確認して正常位で挿入。

彼女は悶え始めました。

その後、バックから何度も突き捲り、完全に猛獣化した彼女は騎乗位で暴れ始めます。

そして、フィニッシュは再度バックしにしてから、彼女の尻に私の精子をすべて吐き出すことになりました。

その後彼女は訳あって、田舎の実家へしばらく帰ることになり今は会っていません。

しかし、Jメールは割切り女性とよく出会えます。

タイトルとURLをコピーしました